護摩堂山 2005年1月23日/曇り
1152.4m/久しぶりの山スキー
おいの水谷(8:45)---山頂(10:10)(11:25)---おいの水谷(12:20)


白山

8:35
久しぶりの山登り。
おいの水谷から護摩堂山に登ることにする。
待避所に準備をしている人が一人。
その後に車を止めて準備。

準備されていた方が「お先に」と出発。
林道を先行者のトレースを辿る。
10cm〜15cmほど沈む。

林道分岐から先行者のトレースから離れ、
作業小屋のそばを通る。

ナラ林の斜面を上がり、杉林に入ったところで
後から先行者が。
いつの間にか抜いていた。
9:45
林道を横断し、このコース一番の急坂へ。
キックターンを繰り返し登る。
一気に汗が吹き出る。
9:55
稜線に出る。
ここから山頂まではもっとも気持ちのいいところ。
取立山、銀杏峰、越前甲を眺めながら歩く。
白山、別山が見えてくると、
反射板のある山頂は目の前。


取立山


白山・別山

10:10
反射板のある山頂に着く。
今日は高曇りで、白山がよく見える。

風がなく、寒くない。
石川県側は白峰のスキー場が見える。

鯖江から来られた方と話をする。
「福井の雪山」を出版したベルグラ山の会に所属し、
普段はクライミングをやっているとのこと。

10時50分ぐらいになると、取立山の
山頂に人が立つのが見える。


白山・別山・三ノ峰


鉢伏山
・左奥は大長山


越前甲・大日山

鯖江の方が滑降開始。こちらも準備を始める。
滑降を始めると、スノーシューやスキーを履いた人たちがポツポツ登ってくる。


北谷・勝山

滑降は散々。圧雪されたゲレンデで2、3度練習したくらいではだめだ。
フリートレックならもっとましに滑れるのだろうが...。
もっと山に入って練習しよう。

山行記録2005年へ