取立山〜鉢伏山〜板谷2014年3月23日(日)/快晴
東山(7:35)---取立山(10:00)---鉢伏山(12:10)(12:55)---板谷ノ頭(13:25)---板谷---夏の駐車場(14:25)---東山(14:45)


白山連峰

今日は久しぶりにロングの予定が、
山ではかなりの降雪…
モナカラッセルに苦しみそうなので、
今日も取立山に登ってのんびり稜線を歩いてこよう。



いわなやさんの前から杉林へ
ステップソール板(うろこ板)で登り始めるが、スリップ、スリップ、スリップ。
この間は雪が締まっていたので、ステップソールとクトーで登れたが、
今日は難敵モナカ雪だから無理じゃ。
昨年大長山で流したスキー板のシールを試しに
ステップソールの板に合わせてみると、
これが…ピッタシカンカン!
やっぱりシールは登坂力が違うわ。



いつもの急斜面でスキー板を手に持って登り始めると、
潜るは、潜る…駄目じゃ、やっぱりスキーで登ろう。
ふ〜、やっと登って来た…
あれれ、足元を見ると、クトーがない。
さっきスキーを手に持って登り始めたとき、落ちたんだ。
トホホ、ツボ足で下って回収に。
結局、この斜面はスキーとツボ足で2度も登ることに。
ああ、お馬鹿さんだね。



ひ〜、今日のモナカ雪はスキーにとっては最悪だ。
取立山の登りでこんなに難儀したのは初めて。
スキー板を担いで登った方が楽だったかも。



シールを剥がして…滑降。



さあ、ここからステップソールの本領発揮…



でも、なかった。
板谷ノ頭までなんとか登ったけど…



鉢伏山のあの斜面は
とてもステップソールでは登れそうにない。



鞍部でシールを貼って登り始めたが、
重い、いやに重い、なんだこの重さは。



で、スキー板をひっくり返したら、
ギャー、だんごだ!
登り始めたとき、シールワックスを塗らなかったもんな。
ここでシールワックスを塗ったが、もう後の祭り。
だんご、だんご、だんご板で無理矢理ラッセルだ。



ひ〜、ひ〜、ひ〜、もういや、もういや。
ひと休みしようっと。
おお、いい眺めだね。



やっと、着いた〜。
おお、今日の鉢伏山は盛況だ。



大長山もかなりの人が登っている。
さすがにスキーヤーはいないようだ。



さて、せっかく鉢伏山までステップソールで来たんだから、1本滑ろう。



クラスト気味で滑りにくい。
さあ、登り返し。
ステップソールだからシールを貼り直さなくていい。
楽チン、楽チン。



経ヶ岳



おなかも満たしたし、白山も堪能した。
さあ、帰ろう。



鉢伏山からの滑降は
雪が緩んで重かったけど…まずまず楽しめた。



鞍部から板谷の頭への登り返しは、
雪が緩んでいたのでシールを貼らずにステップソールだけで充分。



さあ、ここからはいつものように板谷を滑って戻ろう。



板谷も重い雪だったけどまずまずの滑りを楽しめた。
でも、林道が重い雪で滑らず…
もうやってらんね〜!



今日は登りも下りも新雪の重い雪に苦しんだ。
明日もいい天気だから、
あの山に行くつもりだったけど…
や〜めた、やめた。
もう疲れたよ〜。