西山 2004年1月7日
857m


白山と別山

天気予報では午前中は晴れ。前から気になっていた西山に行くことにする。西山は白峰村にある山である。林道が
通っており、、白山の絶好の展望地である。

林道はクロスカントリーの練習場まで除雪されている。クロスカントリー場の入り口近くの道の脇に車を止め、管理人にコースを横断する許可を得る。フリートレックをはき、適当なところからコースに入る。クロカンの選手の練習の邪魔をしたくないので、コースの横断は最小限に留める。

林道や斜面を登り、少しづつ高度を上げ、やがて快適な稜線に出る。
クロスカントリー練習場 ヤドリギ
稜線にはブナの木に寄生したヤドリギがたくさん見られる。ダイダイ色の実をつけているものもある。このヤドリギは春に黄色い花咲くそうだが、一度見たいものだ。

ヤドリギを見ながら登っているうちに山頂に出る。山頂は、林道がすぐそばまで来ているせいか山頂らしくない。でも展望は抜群によい。白山、別山、三ノ峰と続く嶺々は圧巻だ。

方向を変えると、反射板のある護摩堂山が見える。その左奥に見えるのは取立山であろう。
護摩堂山と取立山 白山
下山は、斜面に雪が少ないので、林道を滑り降りることにする。あまりスピードが出なっかたが、結構楽しめた。

クロスカントリー場に近づくと、下から「こんにちは」という元気な声。クロカンをはいた小学生が、先生に引率されて上がってくる。これから西山に登るようだ。

クロスカントリー場に着いてフリートレックをはずしていると、見たようなジャージが目の前をよぎる。知り合いの中学生だ。彼は野球部の部員だが、冬はクロカンをやっているのだろう。