立山山崎カール2018年5月16日(水)/晴れ
室堂(8:50)---一ノ越山荘(10:00)(10:15)---雄山(11:05)(12:55)---山崎カール---室堂(13:55)


雄山山頂より

大賑わいの立山駅の駐車場でshonさんたちを待っていると、
懐かしい小松のKさんご夫妻から声が掛かる。
いつ以来だろう?白馬鑓温泉以来かな?
元気なお姿が嬉しい。



乗鞍では初スプリットボードで苦戦したshonさん、
今日は軽いビンディングに替えて再挑戦。



最初は銚子がよかったshonさんが遅れ始める。
まだ体力が戻ってあないのかな?



一の越山荘まであと少し。



今日は山崎カールを滑るので、一の越山荘からはシートラーゲン。



よいしょ、よいしょ。
最近知ったのだが、「よいしょ」の由来は「六根清浄」だそうな。



辛い登りには妄想が一番。
くだらない妄想に耽っているうちに登り切った。



shonさんたちは時間がかかりそうだから、
雄山神社に参拝してこよう。



御前谷のエントリーポイントは急斜面で怖そう。



でも一度は滑ってみたい谷だな。



大汝山と後方奥に劔岳



山崎カールを見下ろす。ローソク岩が見える。



社務所裏からエントリーポイントに下る途中で雷鳥に遭遇。



雷鳥君と山崎カール



shonさんたちも下りてきて…



さあ、滑降開始。
久しぶりの山崎カール…緊張するなあ。



チキンの僕は緊張でガチガチだったが、
数ターンで体が慣れてきた。
でも、呼吸はハーハ〜、ゼーゼー。
動画を撮りながら呼吸を整えなくっちゃ。



滑ってみれば一瞬。
もう一度あの緊張を味わいたいな。



山崎カールからの斜面は…



適度な斜度で快適、快適。



おっ、雷鳥君、かい〜の?



立山の雷鳥は人懐っこいな。
室堂で観光客にモテモテ。

下界は30度を超えてるだろうな。下りたくね〜。

GPS軌跡